右京’s Favorite

本やCDいろんな好きなものを紹介します。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
幻想三國誌 DVD-ROM版 初回特典版
幻想三國誌 DVD-ROM版 初回特典版 (JUGEMレビュー »)

初回限定版にはオリジナルサウンドトラックとマウスパッドが入っています。おすすめです。
BlogPeople
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
NOSTRADAMUS JUDAS PRIEST
ノストラダムス
ノストラダムス
ジューダス・プリースト
JUGEMテーマ:音楽


とにかく2枚続けて一気に聞いて欲しいと思います。全部で100分を超えるような超大作ですが、続けて聞く事でこの作品の魅力が発見できると思います。もちろん一曲を取り出して聞いてもすばらしい曲ばかりですよ。おすすめはREVELATIONS,LOST LOVE,ALONE,NEW BEGINNINGSです。
そして、個人的になによりもすばらしいと思ったのは、ロブ・ハルフォードの歌です。確かに強烈なハイトーンは聞けませんが、言葉の一つ一つを大切にした表現力豊かな歌声は他にはあまりないと思います。

ノストラダムスといえば「1999年、7の月・・・」が有名でほとんどの人がその名前を知っているのではないでしょうか。ですがいつの時代、何処で、何をしていたどんな人か、というのは知らない人が多いと思います。この作品はノストラダムスが予言をし始めたころから、死ぬ直前までの彼の人生を描いています。歌詞が彼の人生を追った内容になっているので、ノストラダムスを描いた映画を見ているような感覚になります。
正直ノストラダムスについてはちょっと頭のおかしな人、ぐらいの認識しかありませんでしたが、一人の人間ノストラダムスに興味がわきました。
| 右京 | 音楽 | comments(3) | trackbacks(0) |
京都の暑い夏2008
京都で開催されたダンスワークショップに参加してきました。5月1日〜5日のチョン・ヨンドゥ氏のクラスを通しで受けたのですが、めちゃめちゃ楽しくて刺激的な5日間でした。二時間のクラスがあっという間でした。

チョン氏がおっしゃっていた言葉で印象的な事は「怠けているように」でしょうか、そういうふうに動くというのは本当に難しい、どうしてもいろんなところに力が入ってしまって硬くなってしまいました。フロアでの動きが中心のクラスだったのですが、ドタンバタンとものすごい音が...。そのため体中あざだらけです(笑)。最終日は彼の座っている前で練習できたのですが、そこでもドタバタとやっていたら声をかけてくださって、どうすれば良いのか教えてくれました。めちゃめちゃうれしかったです。
チョン氏が動いているのを見ると本当に静かでやわらかい、まるで水の中で動いているかのよう、すばらしい。
呼吸の仕方などを意識して見ていたのですが、よし、と思っても自分が動いているといつの間にか呼吸が止まってしまいます。やっぱりひたすら意識して練習するしかないんでしょうね。

そして彼の人柄の良さにも感動。分からないと言った事は本当に丁寧に教えてくれました。私の拙い英語での問いかけにも熱心に答えてくれて、とてもうれしかったです。
初日の練習後ドアを出たところで「カムサハムニダ」とお礼を言ったら、「どういたしまして。」と日本語で返されました(笑)。もちろん笑顔でしたよ。

| 右京 | その他 | comments(0) | trackbacks(0) |
ダンスのメンタルトレーニング
ダンスのメンタルトレーニング
ダンスのメンタルトレーニング
ジム タイラー,セチ タイラー
JUGEMテーマ:読書


舞台の上で実力を発揮することってすごく難しい、たぶん誰もが思う事だと思います。緊張したり、しなさすぎたり、自分がすべきことに集中できなかったりといろんな原因があります。この本はそういう事をコントロールするためのトレーニング方法を教えてくれます。ただそのトレーニング方法の指導法なので指導者が読むべき本ですが、ダンサー本人が読んでも十分ためになると思います。ただしその実践には指導者の協力が必要です。

分かりやすく、読みやすくは書かれていますが、内容は結構難しいですね。メンタルの事なのでこれを実際に指導しようと思うと、指導者の腕や質がかなり問われると思います。でも読む価値はありますよ。
| 右京 | 読書 | comments(0) | trackbacks(0) |
ニューヨーク ジョフリー・バレエスクール 大人からのバレエ
ニューヨーク ジョフリー・バレエスクール―大人からのバレエ
ニューヨーク ジョフリー・バレエスクール―大人からのバレエ
ディナ・シモーン モス,アリソン・カイル レオポルド
JUGEMテーマ:読書


確かに最近大人からのバレエが人気です。多くのバレエスクールが大人の初心者のためのクラスを設けています。でも大人から始めるって結構勇気が要りますよね。なんか恥ずかしいとか、続かないんじゃないかとか、まわりが上手な人ばっかりだったらどうしようとか、不安な事はたくさんあると思います。そんなときこの本を読んで見てください。バレエを習ってみたいと思った人が疑問に思うこと、心配なことの質問に、先生が丁寧に答えてくれています。ためらっている人の背中をちょっと、押してくれると思います。

そして大人の初心者のクラスを教えている先生にも読んでほしいと思います。やっぱり先生って小さい頃から踊っている人だと思います。なので大人の初心者の人の気持ちはちょっと掴みづらいと思います。指導時の参考にもなるのではないでしょうか。
| 右京 | 読書 | comments(0) | trackbacks(0) |
SF三国志 石川英輔
SF三国志
SF三国志
石川 英輔
JUGEMテーマ:読書


三国志のパロディー小説です。人類が住める三つの惑星・G星・W星・S星が一つの共和国になっているという設定になっています。なので戦いの舞台は宇宙、劉備たちは、宇宙船に乗って戦います。宇宙船で戦うことで逆に迫力が無くなっているような気もしますが、その分策略、謀略に長けている諸葛孔明の魅力が増しているんじゃないでしょうか。スペースラブ<隆中星>で大量のモニターの前で情報を収集する孔明、ちょっとかっこ良くないですか?
長い三国志を一冊にしてあるので登場人物やエピソードは大幅にカットされていますが、重要な部分はしっかり押さえて書かれているので、物足りなさはあんまり感じません。ただ赤壁の戦いで終わっているので、個人的には最後まで書いて欲しかったなと思います。あと趙雲の一騎駆け。まぁ宇宙空間で一騎駆けというのは無理ですけどね。
| 右京 | 小説 | comments(0) | trackbacks(0) |
高橋直純 「One」
one
one
高橋直純,NonakaYuichi,Naozumi Takahashi

高橋直純写真集one

フルアルバムとしては4枚目になるのかな?10曲入りのアルバムです。
10曲ってちょっと少ないかな、と思いましたが、シングルで発売された曲はまったくは入っていないので、逆にちょっとおトク感がありました。

いままでとは違った雰囲気の曲が多かったと思うのですが、根底にある直純メロディーにさらにみがきがかかっています。
お気に入りは「butterfly」サビのリズム感が気持ち良いです。ライブで聴きたい曲ですね。
最後の「おかえり...」は高橋さんのご両親のことを歌った曲だそうです。おばあさまのことなど、いろいろな所で話されていますが、本当にご家族のことを大切思っていらっしゃるんだなぁと、優しい気持ちになりました。

写真集「one」はアルバムと連動しています。曲の歌詞の世界を掘り下げて書かれています。なので、高橋さんもラジオで言われていましたが、写真のたくさん載っているエッセイという感じです。こちらはメイキングDVD付きなので動いている高橋さんが見れますよ。
JUGEMテーマ:音楽


| 右京 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
Ai Death GUN-その男たち、無制限-
Ai DeathGUN ─その男たち、無制限─ (ビーズログ文庫 よ 1-4)
Ai DeathGUN ─その男たち、無制限─ (ビーズログ文庫 よ 1-4)
夜木 まゆ
JUGEMテーマ:読書


Ai Death GUNの番外編です。いつもデスガンはCDドラマもありますが、今回は小説のみです。ですが、コミカライズ記念という事でコミック「Hiyokko boy」が収録されています。題名の通りイオタが主人公の5ページのマンガです。このお話は小説の「code2 Flower girl」が短くマンガ化されたものです。イオタ君のかわいいお話が二度楽しめるのは結構おトクかも。ひよこを頭にのせた絵がとても可愛らしいです。

この本のメインのお話はヤシキとレイジの出会いです。出会った頃はお互い気に入らない奴、だったのが、一緒に事件を解決したことで友情が生まれて、そんな時間の経過と共に変わっていく二人の気持ちがおもしろいのです。きっとこれから仲良くけんかしつつ、お互いもっとも信頼できる相手になっていくんだろうなぁ、と想像できるシーンで終わっているのも自分的にかなり好きです。実際そうなっていくんですけどね。
| 右京 | 小説 | comments(0) | trackbacks(1) |
花の美女姫3 名香智子
花の美女姫 (3) (小学館文庫)
花の美女姫 (3) (小学館文庫)
名香 智子
JUGEMテーマ:漫画/アニメ


美女姫の最終巻です。今回はアーリンが主人公です。
アーリンと恋人アネモネの出会いのお話が入っていますが、それはこの本のホンの一部で、今回はほとんどがSFファンタジーです。ほんとにこの美女姫ってなんでもありですねぇ。でもこの話が別シリーズにつながっています。私は別シリーズの方から読んだので、この話を読んでなるほどねと納得。
でこのお話の舞台は時空を超えてとんだ古代のメキシコ、マヤ帝国です。この冒頭でアーリンは行方不明になります。なので活躍するのはアーリンのいとこのパリス。剣を振るったり、男ぽいところがたくさんあって格好いいです。
切ないところや悲しいところが多いのですが、美女姫の中で一番好きなお話です。
| 右京 | マンガ | comments(0) | trackbacks(0) |
花の美女姫2 名香智子
花の美女姫 (2) (小学館文庫)
花の美女姫 (2) (小学館文庫)
名香 智子

この第2巻はほぼ番外編です。
美女姫たちが趣味で作った(?)映画の上映会という設定です。アーリンの脚本というお話は、コスチュームプレイで女装キャラがいっぱいで、いつも以上に濃いなぁなんて思いました。でも、このお話の最後のところでアーリンが「この話はソンモールのために書いた。」と言ってその理由を話していますが、その理由がものすごく少女漫画らしくていいな、と思います。
そして他には、日本が舞台の忍者物映画や、本筋の鹿の子ちゃんの結婚披露パーティーでの美女姫たちのバンドなどです。このバンドのエピソードは好きです。とてもコメディーなところにマドロンのかわいいセリフがラブストーリー度をUPさせています。
| 右京 | マンガ | comments(0) | trackbacks(0) |
花の美女姫1 名香智子
花の美女姫 (1) (小学館文庫)
花の美女姫 (1) (小学館文庫)
名香 智子

絵、ストーリー共にこれが少女マンガ、といった感じです。美しい男の子達に星が入った大きな瞳の女の子達、そんなに世の中美人ばっかりいない、なんて言っちゃだめです。それが少女マンガですから。

でこの「花の美女姫」、文庫版で全3巻です。全体的にラブストーリー、ときどきコメディーです。まずこの第1巻は美女丸ソンモール、姫丸カーモールのいとこ鹿の子が主役の話(もちろん美女、姫、共に出てきます。)の学園物語。それからパリでのラブストーリー、美女と姫、それに二人の弟、オシェーンの3人、それぞれの話が入っています。この3つのお話のヒロイン達の中で一番のお気に入りはオシェーンのお相手天才少女のドラジェナです。ちっちゃくて細くってふわふわの巻き毛、星入りの瞳にそばかすがとってもかわいいのです。
| 右京 | マンガ | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>